carpe diem

アラサー独身女の生態記録

気ままにいくぜ

お題「ひとりの時間の過ごし方」 

 

 

きついとか

だるいとか

休まなきゃとか言って

 

周りにもきついきつい言って困らせた時期がありました。笑

 

でも最近は周りのエネルギッシュな人たちを見習って体力作りとなるべく動く!をモットーにしております

 

今日もずっと観たかった映画を映画館に観に行き、

 

お洒落なカフェでランチして

お茶飲んで手紙書いて

 

バレンタインチョコの特設会場へ行き

他人と自分へのチョコを買い漁り、

 

無駄に販売員のおばちゃんやお姉さんに絡んでお話して幸せな時間を過ごしました

 

男の人へのLINEはお休み

閉店ガラガラでございます

 

 

自分を大切に、だけど守りに入るだけじゃダメで

 

周りと話せる話題作りとかも兼ねての行動を大切にしつつ

 

休みながら動く

 

動きながら休む

 

みたいな感覚が大事なんじゃないかな〜って

 

 

ひとりの時間の過ごし方、

 

他の人のも覗いてみよう

 

 

 

 

 

バレンタインの運命

 

久しぶりにまたはてぶの存在を思い出した私。

 

 

スピリチュアル系はあまり信用していませんが、

山羊座の私は12月からすごく運気がいいらしく!なんとなくそんな感じもする!っていうことが起きているため日記にしてみましょう。ええ。

 

 

 

いきなり恋愛の話になりますが、

 

何年もずっと好きだった人が結婚してしまったことを12月頭に知りました

 

やっと諦めがついたというか。笑

もう前を向くしかないみたい(._.)...

な状況になりました。(なってしまいましたw)

 

 

 

そんなこんなで行動あるのみ!と心機一転行動を開始

 

年末あたりから2人気になる人ができて

 

 

1人は顔が!

数年に一度のど真ん中ストライク

まさに奇跡。なんであんなにかっこいいの?

 

 

もう1人は

なんでも話せてワガママの言える理系男子

ちなみにハイスペック、(上から目線で言わせて頂くと顔はタイプではない)

 

 

ど真ん中ストライク奇跡の彼は私にはそこまで興味がないのか、冷めたタイプなのか、はたまた文章が苦手なのか...ラインも私から送らないとくれない!でも必ず返してくる罪な男

 

デート2回目OKしてくれたわりに

何考えてるかよくわかりません。

 

A型完璧主義が見た目にも出ており、一緒にいると緊張で胃が痛く...(;_;)

 

俺がプロポーズするとしたらさ〜

などと無邪気に話してくるあたりかなりやり手の模様

 

 

ハイスペック理系君は出会って2日で告白してくるアグレッシブさ...(*_*)

 

B型マイペースを発揮してくれていて、すでに2回喧嘩というか言い合いを経験

 

 

なんとも対照的な2人!!!

 

 

2人とも私にはもったいないくらい素敵な人だけどやっぱりひと癖、ふた癖あります...(・ω・`)

 

 

なんか気持ちがついていかなくて

 

どうしたらいいのやら

 

 

とりあえず付き合うかどうか保留している彼とはどうしていったらいいか悩んでおります

 

顔面ど真ん中ストライクなんてこれからもう一生出会えないかもしれないのに挑戦もせず手放すのか自分?!って思ったり

 

でも結婚考えるなら価値観が似ててなんでも話せて理解してくれる人のほうがいいって思ったり

 

二兎を追う者は一兎をも得ず

 

 

な〜んてことになってバチ当たるかもなとも思う...

 

私の心は不安定です。

 

 

とりあえずバレンタインどうしたらいいの。゚(゚´ω`゚)゚。

 

 

同じ日に時間ずらして2人デートの約束しちゃったのは正解か間違いか....

 

がんばります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

婚活疲れ

 

 

まさか自分が

 

婚活疲れ

 

なるものを体験する日が来るとは夢にも思わなかった。

 

 

小さい頃は普通に恋愛して普通に結婚するものだと思っていたし、お見合いだなんだなんて絶対ありえないと思ってた

 

 

それがどうしたことか......

 

 

なんでこうなった?

 

 

選べる立場でもない年齢で選り好みばかりして全く相手が見つからない

 

大好きになれる人もみつからない

 

 

初恋のときのようなトキメキって、もう一生感じられないのかな?

 

 

現実ってつらいものだね

 

 

 

 

 

 

 

 

キリストの化身桐島

 

今日は、

2012年の映画

 

桐島部活やめるってよ

 

を今更観た話です。笑

 

 

 

2012年当時わたしは大学4年生

 

 

かなり話題になってたけど、

 

もともと私が洋画ラバーで邦画って聞いただけで寒気がするような部分があって。しかもひねくれてるから話題の作品にはとりあえずケチをつけるタイプだったので、笑

 

 

邦画か〜、朝井リョウか〜。誰だよ。また若手のよくわからない作家の作品の映画化か。しかも学園青春モノ?...高校は女子校だったし高校の部活は1年で辞めたし。世間は騒いでるけど題材自体に興味持てないなぁ...

 

 

 

って思って観ることを避けてました。

 

 

そう思いつつも、ずっと動画配信サイトとかでなぜかふと目に入ってきたりとか

 

書店でも 朝井リョウ が目に入ってきたりしてずっといつかは観るのかな...みなきゃいけないのかな...って頭のどこかでは思ってた

 

 

 

昨日たまたまiBooksで久々何か読もうかと思って

 

なんとなくオススメに出てきた朝井リョウの『どうしても生きてる』の冒頭だけ無料で読んで、

 

あ、いいじゃん

 

って思ってしまった(良さに気付いてしまった)のがきっかけで(笑)

 

huluで映画を観るに至りました。

 

 

はっきり言って、観た感想は

 

微妙

 

 

私はずっと桐島って人が誰かわからなくて、いつ出てくるんだ?ってそこにばかり気をとられてて全く映画を楽しめなかったです。笑

 

 

しかも最後まで桐島って人物は出てこないという(笑)衝撃

 

え、なんで?なに?

どういうこと?

 

ってラストで独り言を言ったのは言うまでもない(=_=)

 

 

 

 

どうしても納得いかなくてネットで解説を探し、

 

YouTubeで解説してる人の動画までみて、

 

やっと落ち着きました

 

 

 

解説を聞いて一応理解はできたけど

 

ちょっと納得いかない。朝井リョウに解説してもらわなきゃ納得しきれない!作者じゃない人がいくら想像で解説したって意図は違うかもしれないとか思ったり。

 

 

 

 

私には本のほうがあってたのかもしれないです

 

先に原作を読んどきゃよかったって今すごく後悔しています。笑

 

 

私自身文学部出身ですが、いちいち細かく登場人物の気持ちが言葉で描写されてないとわからないタイプの人間で、

 

(だからこそ本が好き)

 

今回のこの映画は原作と真逆のことをしているようで、表面しか映してないから役者の表現力にゆだねすぎてる。あとは、観る人が原作を読んだ前提で作りすぎてる。と思った

 

 

感性の問題かもしれないけど私には解説が必要な映画だった

 

原作読んで、また自分で意味を考えてからもう1回観たいかな〜

 

 

きっと2012年当時私と同じようなこと思った人何人もいたんだろうな。笑

 

 

東出昌大とか浅香航大が若くてかっこよかったので目の保養にはなります(´ー`)

 

 

 

 

100日で何が変わる

 

 

カウントダウンアプリを入れたくなって

久しぶりにダウンロードした

 

 

 

私の29の誕生日まで

あと100日くらい

 

 

毎年悲しい気持ちで誕生日を迎える。

 

 

私の中で、自分の誕生日の日の

楽しかった記憶ってほとんどない

 

 

今年は幸せだなぁって感じる誕生日を迎えたいんだ

 

 

あと100日しかない

 

じゃない

 

 

あと100日あるんだ

 

今日から生まれ変わったと思って色々頑張ってみよう

 

 

 

 

 

 

 

1年以上

 

 

気がついたら

1年以上ブログの存在を忘れていた

 

もうこんなに時が過ぎたことに驚く。

 

 

引っ越して転職して毎日慣れないことばかりで忙しくしていたらあっという間だった

 

 

自分の心の声に耳を傾ける時間なんてなくて

 

 

周りから言われたことを言われた通りにこなすことだけで精一杯で、時には言われたことすらきちんとできず

 

やっとまた自分の心の声を感じることができるようになったことに少し安心しています。

 

 

誰も見てないようなブログだけど

 

皆さんはどんな時にブログを読んだり書いたりしますか?

 

私は一人暮らしだし友達も多いわけではないし恋愛してる余裕もなくて 一人だから寂しいから そんなときにブログの存在を思い出す気がします

 

昔は思ったことや感じたことを周りにペラペラ話すような人間だったのに

 

気付いたら思ってることはあまり口に出さないようになって口数も減って、好きなことも自信を持って好きだと言えないような自分になってて

 

 

もうどこにぶつけたらいいのかもわからない。

 

 

 

 

ブログってそんな自分でもここにいていいんだよって言ってくれる存在な気がします

 

 

 

高校生や大学生の頃はよくブログを書いていて

 

友達から〇〇の書く文章好きだよって言ってもらったりして嬉しくなったりしてた

 

もうそんな恥ずかしいこと(友達に教えて読んでもらうとか)できないけど。笑

 

 

最近また息苦しくて

 

何のせいで息苦しいのか

 

やっぱり私自身の問題なのか

 

生きるのに向いてないのかな

 

 

つかれた

 

 

 

便利な機能

 

 

すっかりブログの存在を忘れていたのに

 

はてなブログさんからメールがきた

 

更新されてから約1ヶ月が経過しました。そろそろ次の記事を投稿してみませんか?はてなブログは、あなたが日々の生活から感じたこと、考えたことを書き残すことができる場所です。記事を書き続けることで、あなたの感性や関心が読者にも伝わり、同じ興味を持つ人とのつながりが生まれるかもしれません。ぜひ、はてなブログで、あなたの思いや考えを言葉にしてみませんか?

 

 

Oh(・ω・)

 

 

なんと親切な!笑

 

そうですね。とりあえず続けてみましょう